about

★「食べて応援!」
日本パラスポーツ推進機構は、パラスポーツを推進するとともに、障がい者が携わって作られた(農福連携)農作物や加工品を販売し、障がい者の就労・自立を支援しています。
「食べて応援!」を全国に広め、より多くの障がい者の方々の支援につながるようWebショップを開設しました。
「食べて応援!」活動に、ご協力よろしくお願いします。


■セット販売
全国の障がい者就労支援施設等、障がい者の方々が携わって作られた加工品をセットにし販売します。保存料不使用、農薬不使用、純度100%などなど、魅力あるものをパックにしています。

■5年保存災害備蓄食「逃げた先にある安心。もしもの備え」
 岩手県の就労支援施設@かたつむりが東日本大震災の被災体験をもとに企画・加工した5年保存の防災備蓄食です。
 あの時温かいご飯が食べられたなら・・・、そして食べ物や飲み物を一度でもらえたら・・・という想いで、米・水・塩・熱源・スプーンがワンパッケージになったものを企画・加工しました。このコンセプトとデザイン性が認められ2017年グッドデザイン賞を受賞しました。
 また、商品のひとつひとつにこだわりを持っています。
・米は、復興ブランド米である「たかたのゆめ」を使っています。
・水は、清冽な白神山地の湧水で硬度がわずか0.2mg/lという超軟水です。超軟水はとてもまろやかで、赤ちゃんのミルクを溶くにも適していると言われています。
・塩は、岩手県野田村の”のだ塩”を使っていて、さらにお米のおいしさを増しています。
 ご家庭や、企業・自治体等でも、震災のみならず、もしもの時の為に安心を備えていただければと思います。


一般社団法人日本パラスポーツ推進機構(APSPJ)